取扱業務・取り扱い分野/資産評価研究所(東京都新宿区/渋谷区、世田谷、川崎市麻生区)

資産評価研究所 /相続、不動産相続、節税対策、資産評価、広大地判定、中古家屋の評価

  1. 資産評価研究所 >
  2. 取扱業務
資産評価研究所の取扱業務
相続
相続とは、被相続人の財産や権利義務をすべて相続人に承継する手続きです。

相続が発生した場合、遺言書が存在している場合には遺言によって相続を行い、遺言がない場合には遺産分割協議によって相続を行いますが、相続を行った後も相続税の申告や相続財産の名義変更などさまざまな手続きが必要となります。

このような手続きには、不動産鑑定士、弁護士、税理士、司法書士、行政書士などさまざまな専門家が対応することになります。
不動産相続
不動産相続は遺産相続に関する問題のなかで最も紛争の原因となりやすい問題のひとつであるといわれています。

そのような不動産相続を円滑に進めるためには「不動産価値の正確な算定」や「生前の遺言書の作成」が重要なカギとなります。不動産価値を正確に算定することで、不動産を預貯金などと同じ財産のひとつとして捉え、客観的に公平な遺産分割を目指すことができます。

不動産価値の算定に関しては、不動産鑑定士の判断が大きなカギとなります。
節税対策
法人の場合でも個人の場合でも、不動産の節税や収益化は非常に重要な問題です。

法人の節税対策としては、生命保険を活用した節税方法がよく用いられていますが、不動産投資を活用した節税方法も一般的に用いられています。また、個人の節税対策としては、相続税対策を行う際に、現金を不動産に換えることにより評価額を減額し、節税を行なうことがあります。

これらの手続きには、不動産鑑定士をはじめとして税理士や弁護士などさまざまな専門家が関わります。
資産評価
資産評価は、取引や課税において最も根幹の部分にあります。すべての資産は「評価額」が基準となって、売買金額や課税価格が決まっていきます。

つまり、オーナー様が利益を得ることができる「適正な価格」で不動産を賃貸したり売買するには、不動産の「正しい資産評価」が必須となります。また、相続時にも「不動産をどう評価するか」によって相続税の金額が大幅に変わります。

不動産をはじめとした資産の評価に関しては、不動産鑑定士が評価を行い、適正価格を導くことができます。
広大地判定
相続に伴って土地の評価を行う際、土地が「広大地」として評価されるか否かは非常に大きな意味を持ちます。

広大地判定を受けるためには、不動産鑑定士の「広大地意見書」が有効とされ、「広大地意見書」の有無が税務署の判断に大きく影響を与えます。つまり、不動産鑑定士が広大地と判定することによって、その土地が広大地として認められ、大幅な相続税の減額を期待することができます。

広大地判定に関しては、不動産鑑定士が対応することが一般的です。
中古家屋の評価
中古家屋を売買する際には、評価額が非常に重要となります。

建物の評価額に関しては、計算上は「建物価格=再調達原価ー減価額」の式で計算を行ないますが、実際には維持管理の状態や修繕の状態、設備なども考慮したうえで家屋の評価を決めていくため、さまざまな要因によって中古家屋の評価が上がる可能性が十分にあります。

中古家屋をはじめとした家屋の評価は、不動産鑑定士が対応することが一般的です。
建物評価
建物をはじめとして、不動産の価格はまとまった大きな金額となるため、公正な資産評価が重要となります。

建物評価の場合には、どのような要素を考慮して評価額を導き出すかが大きな影響を与えます。単純に建物を建ててからの築年数で計算すればほとんど値がつかない建物でも、設備や間取り、リフォームの有無によっては評価額が高くなる可能性もあります。

建物の評価に関しては、不動産鑑定士が対応することが一般的です。
市街化調整区域
市街化調整区域とは、市街化を抑制・制限する区域のことをいい、開発行為や都市施設の整備が原則的に禁止された地域のことをいいます。

しかし、実際には市街化調整区域に建物を建てられる場合もあり、例えば、市街化区域に隣接した土地であれば、建物の建築が認められることがあります。また、以前から建物が建てられていた市街化調整区域であれば、新たに建物を建てる時に許可が下りる可能性が高い傾向にあります。

市街化調整区域の不動産鑑定に関しては、不動産鑑定士が対応しております。
相続税更正請求
相続税更正請求とは、相続財産を課題に評価してしまい、相続税を多く支払ってしまった場合に行なうことのできる相続税還付の請求です。

相続税の更生請求は、原則として申告書の提出期限から5年以内に行なう必要がありますが、5年以内であれば、不動産をはじめとした相続財産の評価額を見直すことで、過払い状態の相続税を取り戻せる可能性があります。

相続税の対象となった資産の評価や相続税更正請求に関しては、不動産鑑定士や税理士などの専門家が対応しております。

資産評価研究所が提供する基礎知識

  • 建物評価証明書

    建物評価証明書

    建物評価証明書とは、固定資産評価基準に基づいて評価した建物の価格を...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる相続分のことをい...

  • 中小企業向けの節税対策

    中小企業向...

    中小企業を経営している方にとって最も重要な課題のひとつが節税対策で...

  • 不動産の名義変更手続き

    不動産の名...

    相続の内容が遺言や遺産分割協議などで決まったら、不動産の名義変更を...

  • 不動産相続について 2022年問題及び地価下落への対策

    不動産相続...

    「日本は、人口減少と高齢化により、長期的な地価下落が避けられず、そ...

  • 不動産鑑定士に相続問題を相談するメリット

    不動産鑑定...

    不動産鑑定士に相続問題を相談するメリットは、不動産の市場価値を正確...

  • 建物評価 新築

    建物評価 新築

    新築建物の評価額は、各地域ごとに定められた「新築建物価格認定基準表...

  • 相続

    相続

    相続とは、被相続人(亡くなった方)から相続人(ご家族など)へ被相続...

  • 建物評価

    建物評価

    建物をはじめとして、不動産の価格はまとまった大きな金額となるため、...

ページトップへ