建物評価 原価法

原価法とは/建物評価 原価法

  1. 資産評価研究所 >
  2. 建物評価 原価法
建物評価 原価法に関する基礎知識記事や事例
  • 原価法とは原価法とは

    原価法とは、不動産を評価する方法のうちの1つです。 ■原価法とは 原価法とは、査定する不動産を再調達した場合に必要な原価を計算し、そこから現在の不動産の状況を考慮しその分をマイナスして不動産の...

資産評価研究所が提供する基礎知識

  • 個人の節税対策

    個人の節税対策

    ご家族の現金を収益性が高い不動産に変えることは相続税対策としてはで...

  • 土地の相続

    土地の相続

    土地の相続は遺産相続に関する問題のなかでも争いに発展しやすい問題の...

  • 遺産相続における時効と期限

    遺産相続に...

    遺産相続における時効と期限 ■遺産相続・遺産分割自体に時効や期限...

  • 企業の方へ

    企業の方へ

    物流業務をされている会社の場合、不動産鑑定の視点から見れば、倉庫の...

  • 建物評価証明書

    建物評価証明書

    建物評価証明書とは、固定資産評価基準に基づいて評価した建物の価格を...

  • 不動産の名義変更手続き

    不動産の名...

    相続の内容が遺言や遺産分割協議などで決まったら、不動産の名義変更を...

  • 広大地判定

    広大地判定

    相続に伴って税務申告を行う場合に土地の評価を行う際、土地が「広大地...

  • 建物評価 新築

    建物評価 新築

    新築建物の評価額は、各地域ごとに定められた「新築建物価格認定基準表...

  • 節税対策

    節税対策

    法人の場合でも個人の場合でも、不動産の節税や収益化は非常に重要な問...

ページトップへ