相続 相談

相続法改正の概要と施行日/相続 相談

  1. 資産評価研究所 >
  2. 相続 相談
相続 相談に関する基礎知識記事や事例
  • 相続法改正の概要と施行日相続法改正の概要と施行日

    2018年7月に国会にて審議され承認を受けた相続法改正では大幅な内容変更がありました。このような大改正は実に40年ぶりで、現代の日本に見合った制度がいくつか創設されました。 そこで今回はおもに4...

  • 建物評価建物評価

    建物をはじめとして、不動産の価格はまとまった大きな金額となるため、公正な資産評価が重要となります。特に相続や不動産取引においては、「建物をどう評価するか」が取引金額や税額に大きな影響を与えます。...

  • 建物評価額建物評価額

    個人が所有する建物を法人に売却するときや共有の建物を単独所有にする際には、建物の評価価格が重要となります。 建物を売却などで取引するときの価格は以下のようになります。 建物価格=再調達原価(...

  • 中小企業向けの節税対策中小企業向けの節税対策

    中小企業を経営している方にとって最も重要な課題のひとつが節税対策ではないでしょうか。会社が支払う税金は法人税をはじめ住民税や所得税などたくさんあります。また固定金額ではなく課税所得の割合で支払い...

  • 土地の相続土地の相続

    土地の相続は遺産相続に関する問題のなかでも争いに発展しやすい問題のひとつです。 相続をする際には、「現物分割」・「換価分割」・「代償分割」の3つの方法がありますが、土地の相続の場合には「現物分...

  • 不動産相続不動産相続

    不動産相続は遺産相続に関する問題のなかで最も紛争の原因となりやすい問題のひとつであるといわれています。 不動産が親族間の争いの原因となりやすい理由としては以下のようなものが挙げられます。 ・...

  • 建物評価証明書建物評価証明書

    建物評価証明書とは、固定資産評価基準に基づいて評価した建物の価格を市長が決定し、固定資産課税台帳に登録したものです。この評価額は、不動産に課税される税金の根拠や建物を売却するときの参考価格になる...

  • 成年後見成年後見

    成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の二種類の制度があります。 ・法定後見 法定後見制度には、「補助」「保佐」「成年後見」の3種類があり、成年被後見人等(成年後見制度の適用を受ける方)の...

  • 兄弟間で相続トラブルが起こったらどうすべきか兄弟間で相続トラブルが起こったらどうすべきか

    相続の問題とは、時に争族争いといわれるほど近しい間柄でトラブルが起きかねないデリケートなものになります。例えば親が亡くなり、兄弟姉妹が相続人になって相続分をどうするか折り合いがつかず、仲が良かっ...

  • 遺言書遺言書

    遺言には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。 ・自筆証書遺言 自筆証書遺言とは、自分ひとりで作成することができる遺言です。公証役場で公証人に依頼して作成する必要...

資産評価研究所が提供する基礎知識

  • 不動産の名義変更手続き

    不動産の名...

    相続の内容が遺言や遺産分割協議などで決まったら、不動産の名義変更を...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続財産には、現金・預貯金・不動産などのプラスの財産から借金などの...

  • 企業の方へ

    企業の方へ

    物流業務をされている会社の場合、不動産鑑定の視点から見れば、倉庫の...

  • 不動産相続について 2022年問題及び地価下落への対策

    不動産相続...

    「日本は、人口減少と高齢化により、長期的な地価下落が避けられず、そ...

  • 建物評価額

    建物評価額

    個人が所有する建物を法人に売却するときや共有の建物を単独所有にする...

  • 建物評価

    建物評価

    建物をはじめとして、不動産の価格はまとまった大きな金額となるため、...

  • 市街化調整区域

    市街化調整区域

    市街化調整区域とは、市街化を抑制・制限する区域のことをいい、開発行...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、本来相続人となる方が亡くなっているときにその子や孫が...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の二種類の制度があります...

ページトップへ