財産調査 債権回収

財産調査の方法/財産調査 債権回収

  1. 資産評価研究所 >
  2. 財産調査 債権回収
財産調査 債権回収に関する基礎知識記事や事例

財産調査 債権回収に関する記事は一時的に表示しておりません。
財産調査 または 債権回収に関する記事を表示しております。

財産調査 または 債権回収に関する基礎知識記事や事例
  • 財産調査の方法財産調査の方法

    相続財産の調査を行なう際には、家の中から不動産の権利書を探したり、金融機関に被相続人の口座の照会を依頼するところからはじまります。遺産相続の際に、大体の相続財産はご家族が把握していることと思いま...

  • 相続トラブル相続トラブル

    相続にトラブルはつきものです。 生前に相続対策をしていなかったため、「兄弟同士で分割の難しい不動産をめぐって争いになった」といった事例や「故人が自分で書いた遺言が遺留分を侵害する内容だった」な...

  • 相続放棄相続放棄

    相続財産には、現金・預貯金・不動産などのプラスの財産から借金などのマイナスの財産まですべての財産が含まれます。 そのため、財産調査を行なった結果、借金などのマイナスの財産が多かった場合には、相続...

  • 不動産相続不動産相続

    不動産相続は遺産相続に関する問題のなかで最も紛争の原因となりやすい問題のひとつであるといわれています。 不動産が親族間の争いの原因となりやすい理由としては以下のようなものが挙げられます。 ・...

  • 相続相続

    相続とは、被相続人(亡くなった方)から相続人(ご家族など)へ被相続人が持っていた権利・義務(財産や特許権など)のすべてを承継する手続きのことをいいます。 相続する財産には、不動産や預貯金などの...

  • 土地の相続土地の相続

    土地の相続は遺産相続に関する問題のなかでも争いに発展しやすい問題のひとつです。 相続をする際には、「現物分割」・「換価分割」・「代償分割」の3つの方法がありますが、土地の相続の場合には「現物分...

  • 不動産相続の手順不動産相続の手順

    遺言のない不動産相続を行なう場合、流れは以下のようになります。 ・財産調査 どのような相続財産があり、価値はどれくらいあるのか、調査を行ないます。例えば、被相続人(亡くなった方)のタンスや机の...

  • 遺言書遺言書

    遺言には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。 ・自筆証書遺言 自筆証書遺言とは、自分ひとりで作成することができる遺言です。公証役場で公証人に依頼して作成する必要...

  • 成年後見成年後見

    成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の二種類の制度があります。 ・法定後見 法定後見制度には、「補助」「保佐」「成年後見」の3種類があり、成年被後見人等(成年後見制度の適用を受ける方)の...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる相続分のことをいいます。 遺言や遺産分割によって、通常の相続とは異なる法定相続分で相続したり、法定相続人ではない方に相続することができますが、...

資産評価研究所が提供する基礎知識

  • 個人の方へ

    個人の方へ

    不動産投資は資金さえあれば簡単にできますが、不動産投資の目標はどこ...

  • 個人の節税対策

    個人の節税対策

    ご家族の現金を収益性が高い不動産に変えることは相続税対策としてはで...

  • 広大地判定

    広大地判定

    相続に伴って税務申告を行う場合に土地の評価を行う際、土地が「広大地...

  • 遺産相続における時効と期限

    遺産相続に...

    遺産相続における時効と期限 ■遺産相続・遺産分割自体に時効や期限...

  • 不動産相続の手順

    不動産相続の手順

    遺言のない不動産相続を行なう場合、流れは以下のようになります。 ...

  • 不動産相続について 2022年問題及び地価下落への対策

    不動産相続...

    「日本は、人口減少と高齢化により、長期的な地価下落が避けられず、そ...

  • 資産評価の方法

    資産評価の方法

    資産評価の方法は、どのような財産を評価するかによって異なります。 ...

  • 企業の方へ

    企業の方へ

    物流業務をされている会社の場合、不動産鑑定の視点から見れば、倉庫の...

  • 節税対策

    節税対策

    法人の場合でも個人の場合でも、不動産の節税や収益化は非常に重要な問...

ページトップへ