資産評価 基本原則

資産評価の方法/資産評価 基本原則

  1. 資産評価研究所 >
  2. 資産評価 基本原則
資産評価 基本原則に関する基礎知識記事や事例
  • 資産評価の方法資産評価の方法

    資産評価の方法は、どのような財産を評価するかによって異なります。 例えば、相続時に土地・家屋と非上場株式がある場合、基本原則として資産の評価方法は下記のようになります。 ・土地と家屋 土地は...

資産評価研究所が提供する基礎知識

  • 市街化調整区域

    市街化調整区域

    市街化調整区域とは、市街化を抑制・制限する区域のことをいい、開発行...

  • 建物評価額

    建物評価額

    個人が所有する建物を法人に売却するときや共有の建物を単独所有にする...

  • 企業の方へ

    企業の方へ

    物流業務をされている会社の場合、不動産鑑定の視点から見れば、倉庫の...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類が...

  • 資産評価の方法

    資産評価の方法

    資産評価の方法は、どのような財産を評価するかによって異なります。 ...

  • 個人の方へ

    個人の方へ

    不動産投資は資金さえあれば簡単にできますが、不動産投資の目標はどこ...

  • 節税対策

    節税対策

    法人の場合でも個人の場合でも、不動産の節税や収益化は非常に重要な問...

  • 不動産鑑定士に相続問題を相談するメリット

    不動産鑑定...

    不動産鑑定士に相続問題を相談するメリットは、不動産の市場価値を正確...

  • 資産評価

    資産評価

    資産評価は、取引や課税において最も根幹の部分にあります。すべての資...

ページトップへ