資産評価 基準

代襲相続/資産評価 基準

  1. 資産評価研究所 >
  2. 資産評価 基準
資産評価 基準に関する基礎知識記事や事例
  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは、本来相続人となる方が亡くなっているときにその子や孫が相続することをいいます。 例えば、被相続人の法定相続人である息子がすでに亡くなっているときに、その息子の子供(被相続人から見た...

  • 建物評価証明書建物評価証明書

    建物評価証明書とは、固定資産評価基準に基づいて評価した建物の価格を市長が決定し、固定資産課税台帳に登録したものです。この評価額は、不動産に課税される税金の根拠や建物を売却するときの参考価格になる...

  • 中小企業向けの節税対策中小企業向けの節税対策

    中小企業を経営している方にとって最も重要な課題のひとつが節税対策ではないでしょうか。会社が支払う税金は法人税をはじめ住民税や所得税などたくさんあります。また固定金額ではなく課税所得の割合で支払い...

  • 建物評価 新築建物評価 新築

    新築建物の評価額は、各地域ごとに定められた「新築建物価格認定基準表」で課税標準額を計算します。 建物の構造(木造・コンクリート造・鉄筋コンクリート造など)や建物の種類(居宅・共同住宅・工場など)...

  • 資産評価の基準資産評価の基準

    資産評価には4種類の評価基準があり、どの基準を用いるかは資産の種類によって異なります。 ■原価基準 原価基準は、資産を取得時の支出額に基づいて評価する基準です。つまり、その資産の取得のために実...

  • 資産評価資産評価

    資産評価は、取引や課税において最も根幹の部分にあります。すべての資産は「評価額」が基準となって、売買金額や課税価格が決まっていきます。 つまり、オーナー様が利益を得ることができる「適正な価格」...

  • 不動産相続について 2022年問題及び地価下落への対策不動産相続について 2022年問題及び地価下落への対策

    「日本は、人口減少と高齢化により、長期的な地価下落が避けられず、それに加え首都圏では、2022年以降、生産緑地の大量宅地化により、地価下落が加速するものと予想されるので、資産を守るには、その前に...

資産評価研究所が提供する基礎知識

  • 個人の節税対策

    個人の節税対策

    ご家族の現金を収益性が高い不動産に変えることは相続税対策としてはで...

  • 資産評価

    資産評価

    資産評価は、取引や課税において最も根幹の部分にあります。すべての資...

  • 成年後見

    成年後見

    成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の二種類の制度があります...

  • 兄弟間で相続トラブルが起こったらどうすべきか

    兄弟間で相...

    相続の問題とは、時に争族争いといわれるほど近しい間柄でトラブルが起...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる相続分のことをい...

  • 不動産相続について 2022年問題及び地価下落への対策

    不動産相続...

    「日本は、人口減少と高齢化により、長期的な地価下落が避けられず、そ...

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、本来相続人となる方が亡くなっているときにその子や孫が...

  • 節税対策

    節税対策

    法人の場合でも個人の場合でも、不動産の節税や収益化は非常に重要な問...

  • 建物評価 新築

    建物評価 新築

    新築建物の評価額は、各地域ごとに定められた「新築建物価格認定基準表...

ページトップへ