資産評価 相続

建物評価 新築/資産評価 相続

  1. 資産評価研究所 >
  2. 資産評価 相続
資産評価 相続に関する基礎知識記事や事例
  • 建物評価 新築建物評価 新築

    新築建物の評価額は、各地域ごとに定められた「新築建物価格認定基準表」で課税標準額を計算します。 建物の構造(木造・コンクリート造・鉄筋コンクリート造など)や建物の種類(居宅・共同住宅・工場など)...

  • 成年後見成年後見

    成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の二種類の制度があります。 ・法定後見 法定後見制度には、「補助」「保佐」「成年後見」の3種類があり、成年被後見人等(成年後見制度の適用を受ける方)の...

  • 遺産相続の割合遺産相続の割合

    遺産相続の割合は、民法によって原則的な割合が定められています。この割合を「法定相続分」といい、相続順位が高ければ高いほど法定相続分の割合は高くなります。 まず、相続順位は以下のように定められて...

  • 広大地判定広大地判定

    相続に伴って税務申告を行う場合に土地の評価を行う際、土地が「広大地」として評価されるか否かは非常に大きな意味を持ちます。 広大地評価はお持ちの土地が以下の条件を満たした時に受けることができます...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは、本来相続人となる方が亡くなっているときにその子や孫が相続することをいいます。 例えば、被相続人の法定相続人である息子がすでに亡くなっているときに、その息子の子供(被相続人から見た...

  • 財産調査の方法財産調査の方法

    相続財産の調査を行なう際には、家の中から不動産の権利書を探したり、金融機関に被相続人の口座の照会を依頼するところからはじまります。遺産相続の際に、大体の相続財産はご家族が把握していることと思いま...

  • 節税対策節税対策

    法人の場合でも個人の場合でも、不動産の節税や収益化は非常に重要な問題です。 ・法人の節税対策 生命保険を活用した節税方法がよく用いられていますが、不動産投資を活用した節税方法も一般的に用いられ...

  • 相続放棄相続放棄

    相続財産には、現金・預貯金・不動産などのプラスの財産から借金などのマイナスの財産まですべての財産が含まれます。 そのため、財産調査を行なった結果、借金などのマイナスの財産が多かった場合には、相続...

  • 遺言書遺言書

    遺言には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。 ・自筆証書遺言 自筆証書遺言とは、自分ひとりで作成することができる遺言です。公証役場で公証人に依頼して作成する必要...

  • 遺産相続における時効と期限遺産相続における時効と期限

    遺産相続における時効と期限 ■遺産相続・遺産分割自体に時効や期限はない 遺産相続が遺産分割をすること自体に時効や期限はありません。 相続は、被相続人の死亡によって開始します(民法882条)。 ...

資産評価研究所が提供する基礎知識

  • 原価法とは

    原価法とは

    原価法とは、不動産を評価する方法のうちの1つです。 ■原価法とは...

  • 建物評価 新築

    建物評価 新築

    新築建物の評価額は、各地域ごとに定められた「新築建物価格認定基準表...

  • 個人の方へ

    個人の方へ

    不動産投資は資金さえあれば簡単にできますが、不動産投資の目標はどこ...

  • 建物評価証明書

    建物評価証明書

    建物評価証明書とは、固定資産評価基準に基づいて評価した建物の価格を...

  • 市街化調整区域

    市街化調整区域

    市街化調整区域とは、市街化を抑制・制限する区域のことをいい、開発行...

  • 企業の方へ

    企業の方へ

    物流業務をされている会社の場合、不動産鑑定の視点から見れば、倉庫の...

  • 遺産分割

    遺産分割

    遺言がない場合の遺産分割の流れは、以下のように進みます。 ・相続...

  • 資産評価

    資産評価

    資産評価は、取引や課税において最も根幹の部分にあります。すべての資...

  • 不動産鑑定士に相続問題を相談するメリット

    不動産鑑定...

    不動産鑑定士に相続問題を相談するメリットは、不動産の市場価値を正確...

ページトップへ