遺留分 相続

成年後見/遺留分 相続

  1. 資産評価研究所 >
  2. 遺留分 相続
遺留分 相続に関する基礎知識記事や事例
  • 成年後見成年後見

    成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の二種類の制度があります。 ・法定後見 法定後見制度には、「補助」「保佐」「成年後見」の3種類があり、成年被後見人等(成年後見制度の適用を受ける方)の...

  • 土地の相続土地の相続

    土地の相続は遺産相続に関する問題のなかでも争いに発展しやすい問題のひとつです。 相続をする際には、「現物分割」・「換価分割」・「代償分割」の3つの方法がありますが、土地の相続の場合には「現物分...

  • 兄弟間で相続トラブルが起こったらどうすべきか兄弟間で相続トラブルが起こったらどうすべきか

    相続の問題とは、時に争族争いといわれるほど近しい間柄でトラブルが起きかねないデリケートなものになります。例えば親が亡くなり、兄弟姉妹が相続人になって相続分をどうするか折り合いがつかず、仲が良かっ...

  • 遺留分遺留分

    遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる相続分のことをいいます。 遺言や遺産分割によって、通常の相続とは異なる法定相続分で相続したり、法定相続人ではない方に相続することができますが、...

  • 代襲相続代襲相続

    代襲相続とは、本来相続人となる方が亡くなっているときにその子や孫が相続することをいいます。 例えば、被相続人の法定相続人である息子がすでに亡くなっているときに、その息子の子供(被相続人から見た...

  • 不動産相続の手順不動産相続の手順

    遺言のない不動産相続を行なう場合、流れは以下のようになります。 ・財産調査 どのような相続財産があり、価値はどれくらいあるのか、調査を行ないます。例えば、被相続人(亡くなった方)のタンスや机の...

  • 遺産相続における時効と期限遺産相続における時効と期限

    遺産相続における時効と期限 ■遺産相続・遺産分割自体に時効や期限はない 遺産相続が遺産分割をすること自体に時効や期限はありません。 相続は、被相続人の死亡によって開始します(民法882条)。 ...

  • 相続放棄相続放棄

    相続財産には、現金・預貯金・不動産などのプラスの財産から借金などのマイナスの財産まですべての財産が含まれます。 そのため、財産調査を行なった結果、借金などのマイナスの財産が多かった場合には、相続...

  • 遺言書遺言書

    遺言には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。 ・自筆証書遺言 自筆証書遺言とは、自分ひとりで作成することができる遺言です。公証役場で公証人に依頼して作成する必要...

  • 相続相続

    相続とは、被相続人(亡くなった方)から相続人(ご家族など)へ被相続人が持っていた権利・義務(財産や特許権など)のすべてを承継する手続きのことをいいます。 相続する財産には、不動産や預貯金などの...

資産評価研究所が提供する基礎知識

  • 代襲相続

    代襲相続

    代襲相続とは、本来相続人となる方が亡くなっているときにその子や孫が...

  • 遺言書

    遺言書

    遺言には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類が...

  • 中古家屋の評価

    中古家屋の評価

    建物の評価額は以下の計算式で表すことができます。 ■建物価格=再...

  • 不動産鑑定士に相続問題を相談するメリット

    不動産鑑定...

    不動産鑑定士に相続問題を相談するメリットは、不動産の市場価値を正確...

  • 節税対策

    節税対策

    法人の場合でも個人の場合でも、不動産の節税や収益化は非常に重要な問...

  • 法人の節税対策

    法人の節税対策

    生命保険を活用した節税方法と同様に、不動産投資を利用した節税も中小...

  • 建物評価額

    建物評価額

    個人が所有する建物を法人に売却するときや共有の建物を単独所有にする...

  • 広大地判定

    広大地判定

    相続に伴って税務申告を行う場合に土地の評価を行う際、土地が「広大地...

  • 企業の方へ

    企業の方へ

    物流業務をされている会社の場合、不動産鑑定の視点から見れば、倉庫の...

ページトップへ